メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

底流・衆院選2017

核廃絶の民意、どこへ 前外相言及せず、舌戦空回り

原爆ドームの前を通る選挙カー=広島市中区で2017年10月19日、山田尚弘撮影(画像の一部を加工しています)

 むき出しの鉄骨はいつも通り多くの観光客らを集め、無言の証人として平和の大切さを伝える。広島市中区の原爆ドーム。原爆投下から72年の今年、被爆地は核廃絶に向けた世界の動きに沸いた。しかし、6歳で被爆した中原健治さん(78)=広島市南区=はこぼす。「衆院選では、みんな身近な暮らしの問題の方が関心が高いんじゃろうね」

 国連は今年7月、核兵器を初めて法的に禁じる核兵器禁止条約を採択した。被爆者らが願う核廃絶に国際社会…

この記事は有料記事です。

残り1237文字(全文1444文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです