特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選

外部立会人、活用進まず 病院・施設の不在者投票

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 病院や高齢者施設の入所者など、投票所に足を運ぶのが困難な有権者のための不在者投票を巡って、公正さを保つために導入された「外部立会人」制度の活用が進んでいない。2013年の改正公職選挙法が活用を努力義務にとどめたことが一因だ。総務省は「外部立会人は選挙の公正性を担保するために不可欠」と強調するが、人材確保など自治体の事情も普及を阻んでいる。【渡辺暢】

 「昨年の参院選で、外部立会人を使ったのは市内に311ある対象施設で、わずか5施設。施設の7割が不在者投票を実施しており、もう少し活用されてもいいはずだ」。神戸市の選挙管理委員会の担当者は首をかしげる。

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文855文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る