特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選

「マイ争点」は? 学生団体が投票啓発サイト開設

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「選挙にはMy争点を持っていこう」のサイトは、シンプルなデザインで公約や政党を比べることができる=ivoteのサイトより
「選挙にはMy争点を持っていこう」のサイトは、シンプルなデザインで公約や政党を比べることができる=ivoteのサイトより

 衆院選での若い世代の投票率アップを目指し、大学生らでつくる「学生団体ivote(アイ・ボート)」が、主要政党の主な公約を比較するインターネットサイト「選挙にはMy争点を持っていこう」(http://i-vote.jp/?page_id=1904)を開設している。

 サイトを企画した副代表の正生(まさお)雄大さん(18)=学習院大1年=は「分かりやすい表現で紹介するよう心がけた。政治や選挙になじみが薄い人にも、自分なりの根拠を持って投票できる手がかりにしてほしい」と語る。

 自民、希望、公明、共産、立憲民主、日本維新の会、社民、日本のこころ--の8党について、党首の氏名やキャッチコピーを紹介。主な争点から、消費税▽原発▽子育て▽働き方▽憲法--の5テーマを取り上げ、各党が公約で強調する点を最大40字程度の短い言葉でまとめた。「満員電車ゼロ」「『子ども・若者省』をつくる」など、特徴ある公約を集めたコーナーもある。

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文640文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る