特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選

「森友・加計」論戦空回り 首相、街頭では触れず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
加計学園が工事を進める岡山理科大獣医学部キャンパス=愛媛県今治市で9月、松倉展人撮影
加計学園が工事を進める岡山理科大獣医学部キャンパス=愛媛県今治市で9月、松倉展人撮影

 今回の衆院選では、学校法人「森友学園」「加計学園」の問題を巡って、安倍晋三首相の政治姿勢が問われている。しかし、首相は街頭演説で「潔白」を訴えることをせず、野党の土俵に乗らない戦術を徹底。結果的に論戦は空回り気味だ。自民党は中盤まで堅調を維持しており、「モリ・カケ」はこのまま幕引きになってしまうのか。【光田宗義、円谷美晶】

 首相は公示前の8日、日本記者クラブ主催の討論会で、加計問題について「これまで予算委員会や閉会中審査で丁寧に説明を重ねてきた。前川(喜平前文部科学事務次官)さんを含めて、私が関与したと言った人は一人もいないことが明らかになっている」と強調した。森友学園との関係も「籠池(泰典前理事長)さんはお友達ではない。一回もお目にかかったことはない」と明確に否定した。

この記事は有料記事です。

残り1221文字(全文1562文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする