メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IS

最高指導者の行方、ラッカ陥落で注目 潜伏か死亡か

シリア北部ラッカを制圧し、装甲車の上で喜ぶシリア民主軍の兵士=2017年10月17日、ロイター

 【カイロ篠田航一】過激派組織「イスラム国」(IS)が「首都」と称したシリア北部ラッカの陥落を受け、ISの最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者の行方に改めて注目が集まっている。本人のものとされる最後の「肉声」は、ラッカ陥落が間近に迫った9月下旬にインターネット上で公開され、IS側は指導者健在をアピールした。潜伏情報もあるが、一方で「死亡説」も根強く、米軍などは所在確認を急いでいる。

 9月の声明は計46分で「勝利には忍耐が必要」とISに戦闘継続を呼びかける内容。「北朝鮮が米国と日本を核で脅すようになった」と最近の国際情勢にも言及し、生存を強く示唆することで戦闘員の士気を保つ狙いがあったとみられる。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです