メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カタルーニャ

スペイン政府 21日に自治権停止へ手続き

 【パリ賀有勇】スペイン北東部カタルーニャ自治州の独立問題で、プチデモン州首相は19日、独立宣言をしたのかどうか回答を求めていた中央政府のラホイ首相に対し、独立宣言の「凍結は続いている」と従来の回答を繰り返し、交渉を呼びかけた。中央政府のメンデスデビゴ報道官は「今回も質問に答えていない」と一蹴し、21日に閣議を開いて自治権停止に向けた手続きに着手すると発表。両者の対立は鮮明になった。

 中央政府の首相府は回答を受け、「全スペイン国民の利益を守るため、閣議を開いて(自治権停止に向けて)必要な措置を上院にはかる」と声明で述べた。

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文923文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染177カ国・地域、世界全域で68万人 死者3万人超える 新型コロナ

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです