メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訪問介護

1割負担利用で格差 検査院指摘、26億円

 老人ホームやサービス付き高齢者向け集合住宅に住む要介護者が併設された介護事業所の訪問介護サービスを受ける場合、1割の自己負担で利用できる回数が、入居していない人に比べて多くなる傾向にあることが、会計検査院の調べで分かった。検査院は19日、介護報酬の算定規定の運用に問題があるとして、所管の厚生労働省に改善を求めた。

 訪問介護サービスは種類(身体介助や生活援助など)や提供時間に応じて、算定の基になる「単位数」が定められている。月ごとの単位数に利用回数を掛け合わせた数字が、要介護度ごとの上限を超えると、超過分は全額自己負担となる。ところが、併設型の介護事業所に対し「集合住宅減算」が適用されると、集合住宅で暮らす要介護者は同じサービスを10%低い単位数で受けられるようになるため、1割負担で利用できる回数が多くなる…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文786文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  3. 声優の水樹奈々さんが結婚 「奈々にちなんだ7月に」 お相手は音楽関係者

  4. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  5. 京都・祇園の舞妓2人が新型コロナ感染 感染経路不明、濃厚接触者20人は陰性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです