メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

ロシア杯 樋口、SP3位

女子SPで3位となった樋口新葉の演技=ロシア・モスクワのメガスポルトアリーナで2017年10月20日、手塚耕一郎撮影

 【モスクワ福田智沙】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、ロシア杯第1日は20日、当地で女子ショートプログラム(SP)が行われ、16歳の樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が69・60点で3位、坂本花織(シスメックス)が自己ベストを更新する68・88点で4位につけた。

 世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が自身の世界歴代最高得点に迫る80・75点をマークして首位。2位は2014年ソチ五輪銅メダルのカロリナ・コストナー(イタリア)で74・62点。

 ペアSPは須藤澄玲(神奈川FSC)フランシス・ブドローオデ(カナダ)組が48・93点で最下位の8位…

この記事は有料記事です。

残り1047文字(全文1338文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです