メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

有床診療所

在宅療養の「一時避難」に がん患者向け 東京・墨田

「小さな宿泊所」の一室。「いつでも利用できる安心感が自宅で過ごす患者の支えになる」と話す川越厚院長=東京都墨田区のクリニック川越で

 がんを抱えて自宅で療養する患者が、「いざ」というときに入院できる有床診療所が、東京都墨田区に誕生した。一般に、在宅療養の患者が緩和ケア病棟などへ入院する手続きは煩雑だが、家族の事情などで一時的な入院が必要になることは多い。このような患者の「急な入院」のための有床診療所開設は全国でも珍しく、関係者は「各地に広がってほしい」と話す。

 取り組みを始めたのは「クリニック川越」(川越厚院長)。今年9月、クリニックの建物内に整備したのはわずか2床。「小さな宿泊所」と名付けた。白い壁、木目調の建具、間接照明の病室は温かな雰囲気だ。「あくまでも家庭の延長。病院のようにしたくなかった」と川越さん。

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

  4. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

  5. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです