メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化審答申

北口本宮冨士浅間神社8棟、重要文化財に /山梨

重要文化財に指定される北口本宮冨士浅間神社拝殿と幣殿=富士吉田市上吉田で

 国の文化審議会は20日、「北口本宮冨士浅間神社(富士吉田市上吉田)」の8棟を重要文化財に指定するよう文部科学相に答申した。県内建造物の登録有形文化財は52件目となる。

 県学術文化財課によると、8棟は拝殿と幣殿(へいでん)▽惠毘壽(えびす)社と透塀(すきべい)▽神楽殿▽手水舎▽随神門▽福地八幡社▽諏訪神社拝殿▽社務所。このうち拝殿と幣殿は、唐破風造りの向拝(ひさし部分)に、彫刻や飾り金具を施している。

 16世紀半ばには社殿がそろっていたとされるが、時代の流れとともに荒廃。1730年代に富士山の信仰集団である富士講行者のリーダー、村上光清が各地で寄進を募り、再興したという。【加古ななみ】

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです