メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

かつらぎ町の小中学校 プログラミング教育 /和歌山

6年生がプログラムしたペッパー出題のクイズを楽しむ園児たち=和歌山県かつらぎ町の町立渋田小で、松野和生撮影

ペッパーで新鮮体験

 かつらぎ町は今年度から、町内の5小学校と2中学校の全てで、ソフトバンクグループが開発したコミュニケーション・ロボット「Pepper(ペッパー)」を使ったプログラミング教育を授業に取り入れている。

 子供たちが情報技術を活用し、問題発見・解決能力を育むのに有効として、2020年の小中学校の学習指導要領改訂にプログラミング教育の導入・充実が盛り込まれる。これを受け、ソフトバンクグループが社会貢献事業として今年度から3年間、全国の公立小中学校の希望校にペッパーを無償で貸し出すことになり、県内からは同町が選ばれた。

 各校には3~7台配備され、それぞれ担当教師も決めた。作業をしやすいように初心者向けカリキュラムや教…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 沢尻エリカ容疑者逮捕にNHK放送総局長「遺憾」「反社会的行為は容認できない」

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです