メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長部日出雄の映画と私の昭和

「仁義なき戦い」(日本・1973年)

深作プラス文太の破壊力

 昭和48(1973)年に正月映画第2弾として封切られた「仁義なき戦い」ほど、新鮮きわまりない衝撃で見る者の感性を震撼(しんかん)させたやくざ映画はない。それは従来の東映任侠(にんきょう)劇の様式美を根底からくつがえす画期的な作品であった。

 轟音(ごうおん)と共に原爆投下のキノコ雲が空高く立ち上る場面に始まり、わが国各地の焼け跡や街頭の光景を示す白黒のニュース映像に続いて、本当に当時のものと見える闇市の画面に色彩が付されて劇中の世界となり、「昭和21年」「広島県呉市」と字幕で告げられる。

 次々に登場する極道の各組の幹部に扮(ふん)し、対立する相手を威嚇したり脅迫したりする主演級や実力派…

この記事は有料記事です。

残り1499文字(全文1806文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「『ちぇるちぇるらんど』すいません」に玉城知事「デニーズは僕の店…」 表敬訪問 /沖縄
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです