メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

ロシア杯 羽生転倒、SP2位

男子SPで演技する羽生結弦=ロシア・モスクワのメガスポルトアリーナで2017年10月20日、手塚耕一郎撮影

 【モスクワ福田智沙】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、ロシア杯は20日、当地で開幕し、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦(ANA)は演技後半の連続ジャンプで転倒し、94・85点で2位にとどまった。

 昨季の4大陸選手権を制したネーサン・チェン(米国)が全てのジャンプを着氷し100・54点で首位に立った。

 樋口新葉(東京・日本橋女学館高)、坂本花織(シスメックス)、昨季世界選手権覇者のエフゲニア・メドベ…

この記事は有料記事です。

残り1075文字(全文1290文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役
  2. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  3. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし
  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  5. 全国高校eスポーツ選手権 大黒柱はLOL初の高校生プロゲーマー 初代王者狙う学芸大付国際

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです