メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

ロシア杯 羽生転倒、SP2位

男子SPで演技する羽生結弦=ロシア・モスクワのメガスポルトアリーナで2017年10月20日、手塚耕一郎撮影

 【モスクワ福田智沙】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、ロシア杯は20日、当地で開幕し、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦(ANA)は演技後半の連続ジャンプで転倒し、94・85点で2位にとどまった。

 昨季の4大陸選手権を制したネーサン・チェン(米国)が全てのジャンプを着氷し100・54点で首位に立った。

 樋口新葉(東京・日本橋女学館高)、坂本花織(シスメックス)、昨季世界選手権覇者のエフゲニア・メドベ…

この記事は有料記事です。

残り1075文字(全文1290文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです