メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

五輪シーズン、勝負曲は メダリスト「常連」曲も

スペインが舞台のミュージカル「ラ・マンチャの男」の曲に乗ってフリーを演じるフェルナンデス=今月7日のジャパンオープンで、手塚耕一郎撮影

 フィギュアスケートの有力選手の今季のプログラムを見ると、お国柄が表れたり、過去のメダリストを思い出させたりするものが目立つ。

 男子の羽生結弦(ANA)のフリーは、平安時代の陰陽師(おんみょうじ)・安倍晴明が主人公の日本映画「陰陽師」の曲を使用した「SEIMEI」。2季前に世界歴代最高得点を2度更新した名プログラムだ。羽生は「いい演技ができた時から既に、もう一回オリンピックシーズンに使いたいと決めていた」と言う。

 前世界王者のフェルナンデス(スペイン)のフリーはスペインが舞台のミュージカル「ラ・マンチャの男」。…

この記事は有料記事です。

残り964文字(全文1222文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです