大和ハウス工業

北九州ビル完成し記念式典

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大和ハウス工業が、北九州市小倉北区のTOTO旧歴史資料館などの跡地に建設中だった新社屋「大和ハウス北九州ビル」が完成し、20日に記念式典を開いた。跡地は約4万平方メートルで、2014年に大和ハウスがTOTOから取得し再開発を進めており、自動車販売店や銀行支店が既に営業している。来夏までに賃貸マンションや病院などが完成する予定。

 北九州ビルは、3階建てと2階建ての2棟(計延べ床面積約4400平方メートル)あり、日差しをやわらげる外装フレームや壁面緑化を施し、非常用電源としてリチウムイオン蓄電池などを備える。太陽光パネルやエネルギー制御システムを導入し、エネルギー効率は従来型オフィスと比べ約50%高まるという。

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文520文字)

あわせて読みたい

注目の特集