特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選

高3「社会への一歩」 三重・桑名西の模擬投票

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
昼休みに模擬投票をする生徒たち=三重県桑名市の県立桑名西高校で18日
昼休みに模擬投票をする生徒たち=三重県桑名市の県立桑名西高校で18日

 選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられて初めての衆院選となる今回、22日の投票日に向け、生徒たちに主権者としての考え方や行動を学ばせる授業を行った高校がある。その取り組みを追った。

 三重県立桑名西高校は2009年から模擬投票に取り組んでおり今回の衆院選でも実施した。3年生320人のうち本当の選挙で投票できるのは181人だが、模擬投票には3年生全員が参加した。

 衆院選公示後、まず各クラスで特別授業を行った。18日、主権者教育を担当する社会科の水野悟教諭(61)が受け持つクラスの授業で、各党の実際の公約が載った新聞記事を配った。「外交・安保」「憲法」など六つの争点を挙げ、生徒がそれぞれ関心のある三つについて、主張に共感する政党を選ぶ。その後、グループに分かれて理由とともに討論し、結果を発表した。

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1133文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする