メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU

トルコへの支援金削減 欧州委に検討求める

 【ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)は20日に閉幕した首脳会議で、加盟候補国としてトルコに拠出する支援金について、削減を含めた検討を進めるよう欧州委員会に求めた。トゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)が会議後の記者会見で明らかにした。昨夏のクーデター未遂から悪化するトルコ欧州間の関係は改善の見通しがたたない。

 EUは加盟候補国に財政支援を行い、トルコには2014~20年に44億ユーロ(約5850億円)の拠出を約束している。メルケル独首相は19日夜、ドイツ人記者の拘束など強権化を進めるエルドアン政権の人権状況を「容認できない」と述べ、支援金を削減すべきだとの考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  4. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

  5. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです