特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選

投票率また戦後最低レベル? 数字から占う

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=東京都千代田区で2017年1月13日撮影
国会議事堂=東京都千代田区で2017年1月13日撮影

 衆院選は22日の投開票日に向けて最終盤を迎えた。各党は支持拡大を目指し最後の追い込みを図る。選挙結果などを左右する数字を探った。【佐藤丈一】

前回52.66%

 前回2014年12月に実施された衆院選の投票率は52.66%。第2次安倍政権が発足した12年衆院選の投票率(59.32%)に続き、2回連続で戦後最低を更新した。

 一般に、投票率が上がれば野党に有利、低ければ強固な組織を持つ与党にプラスに働くとされる。民主党(当時)が圧勝して政権交代した09年衆院選は69.28%で、小選挙区比例代表並立制になった1996年以降、最高だった。毎日新聞が13~15日に実施した特別世論調査によると、投票に「必ず行く」と答えた人は全体の69%。14年衆院選の同時期調査を4ポイント上回る。関係者の間では「投票率は前回並みではないか」…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文858文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る