メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネット企業

リアルな店舗、いかが アマゾンは銀座にバー

さまざまな酒が壁面に並ぶ「アマゾンバー」。手前のタブレット端末で注文する=東京都中央区銀座で2017年10月19日、今村茜撮影

国内のネット通販各社、実店舗を増やす

 インターネット通販大手のアマゾンジャパンは20日、東京・銀座に「アマゾンバー」をオープンした。29日までの10日間限定で、アマゾンで取り扱うワインや日本酒をグラスで提供する。米アマゾンは書店やレジのない食品スーパーを出店しているが、バーは世界初。同じくネット通販の千趣会やオイシックスドット大地も実店舗出店を拡大しており、ネット専業企業がリアル(現実)の世界で消費者との接点を設ける動きが加速している。

 「今の気分をひとことで言うと?」。アマゾンバーでは店頭に置かれた専用端末を通じて来店者が質問に答え…

この記事は有料記事です。

残り1017文字(全文1287文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです