メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福井・中2自殺

校長が退職願「一身上の都合」

記者会見で謝罪する(左から)池田中の平井浩一教頭、堀口修一校長、町教委の内藤徳博教育長=福井県池田町藪田で2017年10月15日、立野将弘撮影

 福井県池田町の町立池田中学校(生徒数40人)で3月、2年の男子生徒(当時14歳)が校舎3階から飛び降り自殺した問題で、町教育委員会は20日、同校の堀口修一校長(59)が退職願を町教委に提出したことを明らかにした。堀口校長は自宅待機を指示されており、同校は校長不在の事態となっている。

 町教委によると、退職願は県教委宛てで、19日に町教委の内藤徳博・教育長に提出された。内藤教育長は「校長ら関係職員の処分を検討しており、決まるまでは預かる」としている。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです