メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わかやまスポーツ・お宝を巡る

バド・「オグシオ」五輪ユニホーム 状況変えた二人 /和歌山

「オグシオ」が北京五輪に持参した競技用ユニホームと銅メダルを獲得した世界選手権での写真パネル=和歌山市のわかやまスポーツ伝承館で、矢倉健次撮影

 バドミントンは昨年のリオデジャネイロ五輪で、「タカマツ」の愛称で知られる女子ダブルスの高橋礼華・松友美佐紀両選手のペアが金メダルを、女子シングルスの奥原希望選手が銅メダルを獲得し、東京五輪に向けて注目が高まる。県高体連の登録選手数は昨年度、男女合わせて約460人と、バスケットボール、サッカーなどに次いで10位以内に入り、県内でも人気だ。

 五輪競技としての歴史は浅く1992年バルセロナ五輪で初採用された。日本は五輪採用前から故湯木博恵選…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文660文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです