東芝

報告書で「不正会計」表現

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東芝が内部管理体制の改善報告書を公表し、不正会計問題について同社がこれまで使ってきた「不適切会計」から「不正会計」へと表現を改めた。反省の意思を明確にするためという。

 報告書では、不正会計の原因を歴代社長に「財務会計の厳格さに対する認識が欠けていた」と批判し、前任社長に対する「社内外からの評価に強…

この記事は有料記事です。

残り63文字(全文213文字)

あわせて読みたい

ニュース特集