メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 ネットの「メルカリ」なぜ人気?

ジャンル多彩、手早く売買 不正行為防止が課題

 なるほドリーマン君 最近、「メルカリで買った」とよく聞くよ。メルカリってなに?

 記者 インターネット上で、個人が不要になったモノをフリーマーケット(フリマ)のように売買するサービスです。スマートフォン(スマホ)の専用アプリをダウンロードして利用するほか、ウェブサイト上でも利用できます。創業者の山田進太郎会長兼最高経営責任者(CEO)は、学生時代に楽天でネットオークション「楽オク」開設に携わり、その経験を生かして2013年2月にメルカリ(旧コウゾウ)を創業しました。経済産業省によると、フリマアプリの16年の市場規模は推計3052億円で中古品市場(1兆8800億円)の16%を占めています。

この記事は有料記事です。

残り1597文字(全文1916文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです