メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

弾む擬態語、運動に効果

 <くらしナビ ライフスタイル>

 「サーッ、タン、パッ、トン」「ギュッ、ピタッ、クルン」。そんな言葉を口にするだけで、跳び箱や鉄棒の逆上がりができる--。オノマトペ(擬音語・擬態語)研究家の藤野良孝・朝日大准教授は、身体に働きかける言語を「スポーツオノマトペ」と名付ける。運動が苦手な子へ、効果が実証された「魔法の言葉」を紹介したい。

この記事は有料記事です。

残り1682文字(全文1849文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 訃報 田中信夫さん 83歳=声優、サンダース軍曹役
  3. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  4. プロ野球CS さえ渡る継投策 ソフトバンク・工藤監督
  5. プロ野球 巨人・上原が膝手術へ 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです