メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

弾む擬態語、運動に効果

 <くらしナビ ライフスタイル>

 「サーッ、タン、パッ、トン」「ギュッ、ピタッ、クルン」。そんな言葉を口にするだけで、跳び箱や鉄棒の逆上がりができる--。オノマトペ(擬音語・擬態語)研究家の藤野良孝・朝日大准教授は、身体に働きかける言語を「スポーツオノマトペ」と名付ける。運動が苦手な子へ、効果が実証された「魔法の言葉」を紹介したい。

この記事は有料記事です。

残り1682文字(全文1849文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  2. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  3. 東芝 「稼ぎ頭」温存探る 銀行団に「中止」容認論
  4. 内閣支持率 続落30%「危険水域」寸前 かじ取り厳しく
  5. 長尾・自民衆院議員 女性議員らに「セクハラ縁遠い」 投稿炎上

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]