メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『写本の文化誌 ヨーロッパ中世の…』=クラウディア・ブリンカー・フォン・デア・ハイデ著

 ◆『写本の文化誌 ヨーロッパ中世の文学とメディア』

 (白水社・3564円)

「多声的な意味関連」にひそむ活力

 古代のカエサルは雄弁家であるばかりか、『ガリア戦記』などの作品も書いている。明晰(めいせき)で簡潔なラテン語の典型といわれ名著の誉れが高い。ところが、中世のカール大帝となると、教育制度の改革には熱心だったのに、本を読むには読めたが書くのはほとんどできなかったという。

 貴族の多くは朗読を聞いて記憶すればよかった。ましてラテン語などの「学識」などおぼつかなかった。むし…

この記事は有料記事です。

残り1794文字(全文2032文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  3. 日野自動車 運転手急病で緊急停止する観光バス発売へ
  4. 登山家 栗城さん死亡連絡で生中継中止 AbemaTV
  5. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]