メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『写本の文化誌 ヨーロッパ中世の…』=クラウディア・ブリンカー・フォン・デア・ハイデ著

 ◆『写本の文化誌 ヨーロッパ中世の文学とメディア』

 (白水社・3564円)

「多声的な意味関連」にひそむ活力

 古代のカエサルは雄弁家であるばかりか、『ガリア戦記』などの作品も書いている。明晰(めいせき)で簡潔なラテン語の典型といわれ名著の誉れが高い。ところが、中世のカール大帝となると、教育制度の改革には熱心だったのに、本を読むには読めたが書くのはほとんどできなかったという。

 貴族の多くは朗読を聞いて記憶すればよかった。ましてラテン語などの「学識」などおぼつかなかった。むし…

この記事は有料記事です。

残り1794文字(全文2032文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです