メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『だから、居場所が欲しかった。 バンコク、コールセンターで働く日本人』 著者・水谷竹秀さん

 ◆著者・水谷竹秀(みずたに・たけひで)さん

 (集英社・1728円)

日の当たらない現実に光を

 東京から南西に約4600キロ。タイ・バンコクには日本からの電話応対業務を受ける「コールセンター」がいくつか存在している。そこでは、タイに暮らす日本人数百人がオペレーターとして働いているという。著者が「ずっと気になっていた」と語るコールセンターで働く人々の人生に、5年をかけて寄り添った記録である。

 「初めはバンコクで働くキラキラした若者を取材していたんです。でも一冊の本としてどこまでテーマを深められるのかと考えた時、行き詰まってしまった。同時に、これまでほとんど取り上げられてこなかったコールセンターの人たちに、好奇心をかき立てられました」

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文953文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. 視聴室 十三人の刺客

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  5. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです