メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

渡辺保・評 『改訂を重ねる「ゴドーを待ちながら」 演出家としてのベケット』=堀真理子・著

 (藤原書店・4104円)

リアリズムから現代劇への転換

 この秋、私は東京・両国のシアターX(カイ)でアイルランドの劇団のサミュエル・ベケットの「ゴドーを待ちながら」を見て、大きな衝撃を受けた。

 日本初演以来、私の見た「ゴドー」は大抵笑いを狙っていた。ところがこの舞台にはほとんど笑いの要素がない。ゾッとするような絶望的で、赤裸々な人間の姿だけが浮かび上がっている。この舞台は、ベケットの演出ノートをもとにベケット演出を再現したものである。それを見て私はベケットの本当の意図をはじめて理解した。

 しかしそれにしてもこれほど人間の閉塞(へいそく)的な状況が鮮明になるのはなぜなのか。今までの「ゴド…

この記事は有料記事です。

残り1134文字(全文1430文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  2. グルメ 機動戦士ガンダム40周年記念!ガンダムオフィシャルカフェ『GUNDAM Café』が大阪・道頓堀の大地に立つ!(GetNavi web)
  3. NGT48暴行問題会見 一問一答
  4. 奥川が17奪三振完封 星稜、履正社降す
  5. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです