メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パーキンソン病

新治療法 小腸に投薬、効果安定 患者自らポンプ操作

 脳の異常により手足などがうまく動かせなくなる難病「パーキンソン病」は、国内に推計で約16万人の患者がいる。根本的な治療法は確立しておらず、今は神経伝達物質のドーパミンを補う薬を飲みつつ、運動障害を改善する対症療法が基本だ。だが、この方法は長期間に及ぶと症状をうまくコントロールできなくなることがある。そうした場合に、薬を小腸へ直接注入して効果を高める新しい治療法が広がりつつある。【野田武】

 パーキンソン病は脳内で作られるドーパミンが減り、運動を調節する機能が低下する病気。元ボクシング世界…

この記事は有料記事です。

残り1895文字(全文2141文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 玉沢元農相、自宅前で撃たれる 80代男が出頭、金銭トラブルか 命に別条なし

  3. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  4. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  5. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです