メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんドクトルの人間学

その人の「心の時計」大切に=山口建(県立静岡がんセンター総長)

 10年ほど前、「デカばあちゃんは長寿日本一」というテレビ番組が放映されました。石川県能美市の「いしかわ動物園」で飼育されていた一頭のカバの物語です。名前は“カバ子”。動物園では“デカ”、年をとってからは“デカばあちゃん”と呼ばれていました。第二次世界大戦後、キャラメルを製造していた食品会社が「おとなしく、平和を愛するイメージ」を持つカバに由来した社名をつけました。そして水槽付きのトラックに“カバ子”を乗せて、全国を巡り、物質的にも精神的にも貧しかった子どもたちに夢と希望を与えました。その後、“カバ子”は体が大きくなり、トラックに乗れなくなったので動物園で何十年も過ごしていました。

 番組の中で「動物園に来たときぐらい、カバの時間に合わせてほしい」と訴えたのは“カバ子”の飼育係です…

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1544文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  3. 講演会 元海軍兵 「国は若者を守らない」 反戦訴える
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. 森友交渉記録 理財局が廃棄指示 佐川氏ら処分へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]