特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選

広がる「選挙割」 特定業者優遇、経費…懸念も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院選で投票した人に替え玉の無料サービスをする「一風堂」のポスター=力の源ホールディングス提供
衆院選で投票した人に替え玉の無料サービスをする「一風堂」のポスター=力の源ホールディングス提供

 「選挙割」が全国で広がりを見せている。投票所でもらえる「投票済証」を提示すると、ラーメンの替え玉が無料になったり美容院で割引されたりするというもの。しかし「特定業者の利益誘導につながる」との懸念などから投票済証を発行していない自治体や、経費削減で発行をやめた自治体もある。

 公職選挙法に規定はなく、発行は各自治体選管の裁量に任されている。前回参院選では全国で約60%にあたる1027自治体が発行し、名称も「投票済証」「来場証明書」などさまざま。投票所の出口に積んでいる自治体もあれば、申し出があった場合のみ発行する自治体もあり、形態にもばらつきがある。

 「勤務先から提出を求められている」との要望を受けて2009年の市議選から発行している北九州市は、今回の衆院選で2万5000枚を用意。投票率向上や地域振興につなげようと、民間団体の呼び掛けに応じた飲食店などが「選挙割」を実施している。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文715文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る