プリンセス駅伝

豊田自動織機が初V パナソニック2位

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
全日本実業団対抗女子駅伝予選会でスタートする選手たち=福岡県宗像市の宗像ユリックス前で2017年10月22日午後0時10分、小林悠太撮影
全日本実業団対抗女子駅伝予選会でスタートする選手たち=福岡県宗像市の宗像ユリックス前で2017年10月22日午後0時10分、小林悠太撮影

 第3回全日本実業団対抗女子駅伝予選会「プリンセス駅伝in宗像・福津」(日本実業団陸上競技連合主催▽毎日新聞社、TBSテレビ、RKB毎日放送共催▽福岡県宗像市・福津市など後援)は22日、宗像市の宗像ユリックスを発着点として福津市を通る6区間42.195キロのコースに、全国から29チームが出場して開かれた。台風21号の接近で強風が吹くコンディションの中、初めて予選に回った豊田自動織機が1位通過した。上位14チームに与えられる全日本大会(11月26日、宮城)の出場権は、肥後銀行とスターツが3年ぶり、シスメックスが2年ぶりに獲得した。

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文889文字)

あわせて読みたい

注目の特集