メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IS「ラッカ」完全解放

米露、シリア和平構想具体化せず

 過激派組織「イスラム国」(IS)が「首都」としたシリア北部のラッカが20日、完全に解放された。米軍を中心とする有志国連合は、シリア東部や、国境をまたいでイラク西部に逃げ込んだISの残党との戦いを続ける構えで、ロシアも協調姿勢を見せる。IS攻略でそれぞれ派兵した米露両国は内戦終結後を視野に撤退のタイミングをうかがうが、肝心のシリア和平構想はまだ具体化していない。

この記事は有料記事です。

残り1045文字(全文1227文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 十両以上の休場者18人に 戦後最多を更新 大相撲初場所

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです