台風21号

列島大雨に 「特別警報」の可能性

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
警報級の現象(雨・風)の期間
警報級の現象(雨・風)の期間

 超大型で非常に強い台風21号は21日、日本の南の海上を北上した。23日朝までに強い勢力を保ったまま本州に上陸する恐れがある。台風を取り巻く雨雲や列島付近に停滞する前線の影響で上陸前から雨が強まり、衆院選投開票日の22日は西日本や東日本の広い範囲で大荒れの天気となる見込み。気象庁は警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、台風21号は21日午後11時現在、沖縄・南大東島の南東約230キロの海上を時速30キロで北北東に進んだ。中心気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。南東側280キロ以内と北西側220キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文629文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集