特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選

期日前投票 都市部は1時間待ちも

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
台風が近づくなか、期日前投票するための列に並ぶ人たち=東京都品川区で2017年10月21日午後5時4分、和田大典撮影
台風が近づくなか、期日前投票するための列に並ぶ人たち=東京都品川区で2017年10月21日午後5時4分、和田大典撮影

 超大型の台風21号が日本列島に迫る中、気象庁は「22日に投票に行く際は最新の台風情報を確認してほしい」と呼びかけた。各地では21日、離島を中心に投票日や投票終了時間を繰り上げる動きが相次ぎ、期日前投票所も悪天候を見こした多くの有権者の長い列ができた。

 東京都大島町は9カ所の全投票所で、投票終了時間を公選法上認められる最長の4時間繰り上げる。土砂災害特別警戒区域内にあった投票所1カ所を災害時の避難所に変更した。21日にこうした点を防災無線で周知した町選管は「台風の影響で投票時間を繰り上げるなどの対策を取ったのは初めてではないか」という。

 同町では2013年10月、台風による土砂災害で36人が死亡、3人が行方不明になった。町選管担当者は「(災害の)教訓から期日前投票をしている人が多いようだ。予報では22日は夕方から雨が強くなるので、町民の避難対応を迫られる可能性もある」と話した。

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文923文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする