メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュア

羽生2位 チェンが優勝 GPロシア杯

男子フリーで演技する羽生結弦=ロシア・モスクワのメガスポルトアリーナで2017年10月21日、手塚耕一郎撮影

 【モスクワ福田智沙】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、ロシア杯の最終日は21日、男子フリーがあり、ショートプログラム(SP)2位の羽生結弦(ANA)は4回転ルッツを決めたフリーは195.92点で1位となったが、合計は290.77点で2位だった。昨季の4大陸選手権を制したSP1位のネーサン・チェン(米国)がフリー2位の193.25点、合計は293.79点としてGPシリーズで初優勝した。

 第1日は20日、女子SPがあり、16歳の樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が3位、坂本花織(シスメックス)が自己ベストを更新して4位につけた。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文877文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  3. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

  4. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  5. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです