メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

深鉢形土器(火焔型土器) 迫る美意識、ビリビリと

火焔(かえん)型土器

 <われわれの近代的感覚に直接、ビリビリとふれてきます>。岡本太郎がそう述べた縄文土器。パリに留学中、民族学を学んだ岡本は、日本の「伝統」とされているものを「弱々しく、陰性」だと喝破し、縄文の文化を美術史の中で“再発見”したことで知られている。

 その中でも、この土器は独特の造形で強い個性を放つ。鶏の頭のような突起が口縁部にあり、粘土ひもで渦巻きやS字の模様が施されている。岡本が縄文土器論を発表したのが1952年。<これでもかこれでもかと、執拗(しつよう)にせまる緊張感。しかも純粋に透(すきとお)った神経のするどさ。とくに爛熟(らんじゅく)したこの文化の中期の美観のすさまじさは、息がつまるようです>

 80~85年に新潟県十日町市の笹山遺跡から出土し、国宝に指定されたのは99年、平成に入ってからと意外に新しい。特別展「国宝」で、この最古の国宝を展示する京都国立博物館(京都市)の降矢(ふりや)哲男研究員は「歴史的側面に加え、美術的側面から指定された」と話す。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです