メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌謡ルネサンス

音楽の新しいきずな/無心に歌う必要痛感=専門編集委員・川崎浩

音楽の新しいきずな

 80歳を過ぎても精力的な活動を続ける菅原洋一は、まさに「リビング・レジェンド」である。今年は、息子の英介のピアノと歌を共にして「息子と歌う思い出の歌」(徳間)を発表した。「知りたくないの(英語版)」「酒と泪と男と女」「花は咲く」「忘れな草をあなたに」など十八番と意外な曲が混ざり合う。

 「英介はピアノも弾けるし、私と声も合う。ハーモニーの美しさを聴いてもらうのにピッタリ」と父。英介は…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文625文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  2. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  3. 記者の目 「多死社会」変わる弔いの現場 自分の死と向き合おう=山口知(大阪社会部)
  4. WEB CARTOP 欧州車にも負けない美しさ! 天才デザイナーが手がけた日本車7選
  5. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです