メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌謡ルネサンス

音楽の新しいきずな/無心に歌う必要痛感=専門編集委員・川崎浩

音楽の新しいきずな

 80歳を過ぎても精力的な活動を続ける菅原洋一は、まさに「リビング・レジェンド」である。今年は、息子の英介のピアノと歌を共にして「息子と歌う思い出の歌」(徳間)を発表した。「知りたくないの(英語版)」「酒と泪と男と女」「花は咲く」「忘れな草をあなたに」など十八番と意外な曲が混ざり合う。

 「英介はピアノも弾けるし、私と声も合う。ハーモニーの美しさを聴いてもらうのにピッタリ」と父。英介は…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 長崎市中心部で浸水 大潮と「あびき」重なり JRも一時運行見合わせ
  4. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  5. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです