メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

一夜明け 住宅襲う濁流 大規模停電、鉄道も混乱

台風21号の大雨の影響で、冠水した住宅街=和歌山県紀の川市で2017年10月23日午前9時27分、本社ヘリから小関勉撮影

 超大型の台風21号の接近から一夜が明けた23日、近畿地方は浸水や大規模な停電に見舞われた。鉄道ダイヤの乱れも続き、通勤客の足を直撃した。

 和歌山県では、住宅への土砂流入や浸水で被害が出た。農業を営む夫婦が暮らす紀の川市西脇の民家は22日、土砂で1階がつぶされた。近隣住民や消防が現場で夫婦を捜していたが、夜になり、がれきの中からトントンと音が聞こえた。消防隊員らが掘り返すと、妻(75)が見つかった。親族男性が呼びかけると、反応があったという。傍らでは夫(82)の捜索が続き、捜索を見守る親族男性は「早く救出して」と語ったが、23日午前、意識不明の状態で見つかった。

 紀の川市内では貴志川支流があふれ、孤立した住民がボートで救出された。同市貴志川町丸栖では、屋外で救…

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1254文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  4. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  5. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです