メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

小選挙区 自民3議席死守 /秋田

「当選確実」の報を受けてバンザイする冨樫博之氏(左)=秋田市で22日午後8時14分

 衆院選は22日投開票され、県内の3小選挙区は自民が議席を独占した。1区は冨樫博之氏(62)、2区は金田勝年氏(68)、3区は御法川信英氏(53)がいずれも前々回(2012年)、前回(14年)に続いて勝利を収めた。今回は民進が希望に事実上合流するなど、政党の枠組みが激変。いずれも自民、希望、共産の3極対決となった。安倍晋三政権の継続、憲法改正や消費増税などの是非が問われた選挙戦。自民3氏は手堅く組織をまとめ、議席を守った。その一方、希望、共産は「批判票」の受け皿になりきれなかった。【松本紫帆】

この記事は有料記事です。

残り3633文字(全文3882文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです