衆院選2017

小選挙区 自民大勝19議席 立憲初陣4議席 希望1どまり(その1) /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
当選確実の報を受け、万歳する萩生田光一氏(中央)=八王子市で22日午後8時13分、宮武祐希撮影
当選確実の報を受け、万歳する萩生田光一氏(中央)=八王子市で22日午後8時13分、宮武祐希撮影

 衆院選は22日投開票された。都内25の小選挙区では、自民が19選挙区で勝利。安倍内閣の支持率に陰りがみられるなかでの選挙戦で、前回(2014年)の22議席から3議席減らしたものの、東京でも政権与党の強みを見せつけた。自民と協力した公明も1議席を守った。野党側は、公示直前に結党した立憲民主が4議席と健闘する一方、小池百合子知事が結党した希望は1議席にとどまった。一方、比例代表東京ブロックも、23日未明にかけて次々と当選者が決まった。

この記事は有料記事です。

残り3927文字(全文4145文字)

あわせて読みたい

注目の特集