かながわ衆院選2017

小選挙区 自民大勝13議席 立憲に風3議席(その1) /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
当選確実の報を受け、バンザイする松本純氏(中央)ら=横浜市磯子区で22日午後8時12分
当選確実の報を受け、バンザイする松本純氏(中央)ら=横浜市磯子区で22日午後8時12分

 第48回衆院選は22日投開票され、県内18の小選挙区の当選者が決まった。政権維持を訴えた自民が小選挙区で13人の当選を果たし、2012年、14年に続き大勝。敗れた4人も比例復活し、立候補した17人全員が当選した。公明は議席を守れなかったが、与党が堅調ぶりを印象付ける結果となった。「希望・維新」と「共産・立憲・社民」の2極に分裂した野党は、立憲が与党批判層の受け皿となって追い風に乗り、立候補した6人のうち小選挙区で3人が当選した。希望は擁立した16人のうち小選挙区の当選は1人にとどまった。共産、維新、社民も支持が広がらず、小選挙区では議席を得られなかった。【衆院選取材班】

この記事は有料記事です。

残り4513文字(全文4802文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集