特集

第49回衆院選

第49回衆院選に関する話題をまとめたページです。

特集一覧

衆院選2017

割れた政権批判票 小池氏「慢心あった」 希望内から強い批判

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 希望の党は「政権交代」を掲げ、衆院定数の過半数ライン(233議席)を上回る235人を擁立したが、公示前勢力の57議席も維持できなかった。小池百合子代表の「排除」発言をきっかけに足並みの乱れが表面化。野党の分裂を招いて自民党を利する構図を作り、有権者の失望をかった。小池氏は22日、当面代表を続ける意向を表明したが、党内でも小池氏への批判は強く、今後の混乱は避けられない。【松井豊、パリ円谷美晶】

この記事は有料記事です。

残り3741文字(全文3939文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る