東海道新幹線

停電で6.5時間停止 千人超、車内で一夜

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 22日午後10時ごろ、東海道新幹線の岐阜羽島-米原間で停電し、下り線の「のぞみ」2本が同区間で止まった。23日午前4時半ごろ、運転を再開したが、計約1170人が約6時間半を車内で過ごした。停電は台風21号の影響とみられる。

 JR東海によると、岐阜県関ケ原町の関ケ原トンネルで漏水があり、その水が架線…

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文299文字)

あわせて読みたい

ニュース特集