メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士山

初冠雪…平年より23日遅く 山頂付近、筋状に

 甲府地方気象台は23日、富士山(3776メートル)の初冠雪を観測したと発表した。平年より23日遅く、過去最も遅かった昨年より3日早い。

 気象台によると、台風が通過し、覆われていた雲が消えた午前10時過ぎ、職員が山頂付近の筋状の雪を確認した。午前10時の山頂の気温は氷点下3.3度だった。

 1894年の観測開始以降、過去3番目に…

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文278文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. ORICON NEWS 関ジャニ∞ 安田章大の写真集発売が決定 脳腫瘍の闘病中の写真も収録「僕に触れてみて」

  3. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  4. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです