特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選

惨敗の豊田真由子氏「全て私の力不足」 埼玉4区

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
涙を流しながら敗戦の弁を述べる豊田真由子氏=埼玉県新座市で22日午後11時7分、賀川智子撮影
涙を流しながら敗戦の弁を述べる豊田真由子氏=埼玉県新座市で22日午後11時7分、賀川智子撮影

 埼玉4区では、元秘書への暴言・暴行問題で自民党を離党し、無所属で立候補した豊田真由子氏(43)が惨敗した。

 午後10時50分ごろ、自民候補の当選確実が報じられると、埼玉県新座市の事務所に集まった支援者から「あー」とため息が漏れた。その後、グレーのスーツ姿の豊田氏が姿を見せ、深々と一礼。「全て私の力…

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文269文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る