特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選

山尾志桜里氏に当確 鈴木淳司氏を破る 愛知7区

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
当選確実となり、花束を受け取る山尾志桜里氏(右)=愛知県長久手市で2017年10月23日午前0時54分、木葉健二撮影
当選確実となり、花束を受け取る山尾志桜里氏(右)=愛知県長久手市で2017年10月23日午前0時54分、木葉健二撮影

 週刊誌による既婚男性との交際疑惑報道で民進党を離党した愛知7区の無所属前職、山尾志桜里氏(43)は、4回目の対戦となる自民前職、鈴木淳司氏(59)との一騎打ちを制して3回目の当選を果たした。大接戦の末、愛知県長久手市の事務所に当選確実の一報が入ると、支援者から割れんばかりの拍手と歓声が湧き起こった。

 世間からの批判にさらされ、最大の支援団体だった連合の推薦もない中で臨んだ山尾氏の厳しい戦いに、全国から注目が集まった。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文493文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る