メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オランダ元首相

右派拡大は「不安や不確実性が支配」

 【アムステルダムで八田浩輔】オランダで1990年代半ばから保革連立政権を8年率いたウィム・コック元首相(79)が毎日新聞の取材に応じた。欧州で排外的な主張を掲げる右派勢力が支持を広げる背景について、経済格差や社会的不公正の拡大に伴い「不安や不確実性に人々が支配されている」と述べた。

 欧州では今年、コック氏が所属した労働党だけでなく、フランス、ドイツの国政選挙でも伝統的な中道左派政党の衰退が鮮明となった。コック氏は将来的に生活の質が維持できないことへの不安が「人々に対し、自分自身を何よりも大切に考えることを強いている」と保守的傾向を分析。また「福祉国家の概念は20世紀後半に訴求力があったが、今は違う。人々はよ…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです