カタルーニャ州首相

「最悪の弾圧」非難 自治権一部停止

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【パリ賀有勇】スペイン北東部カタルーニャ自治州の独立問題を巡り、中央政府が憲法に基づき自治州の自治権を一部停止する措置を閣議決定したことを受け、プチデモン州首相は21日にテレビ演説した。プチデモン氏は「フランコ独裁体制(1939~75年)以来のカタルーニャに対する最悪の弾圧」と非難し、州議会で対抗策を話し合うと表明した。

 プチデモン氏は、自治権が停止されれば州議会が正式に独立宣言を採択するという従来の主張は明言しなかったものの、週明けにも採択に踏み切る可能性があるとみられている。スペイン検察当局は21日、州政府が独立宣言に踏み切った場合、プチデモン氏を反逆罪で訴追する方針を示し、強くけん制。有罪となれば、最長30年の禁錮刑が科せられる。

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文530文字)

あわせて読みたい

注目の特集