メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

王書記が最高指導部退任 反腐敗運動を指揮

 【北京・河津啓介】中国で反腐敗運動を指揮してきた共産党中央規律検査委員会の王岐山書記(69)が最高指導部の党政治局常務委員を退任することになった。後任の書記には趙楽際党中央組織部長(60)が昇格する。香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが22日、第19回中国共産党大会の複数の党大会代表の話として報じた。趙氏は現在、党政治局員で、党大会直後に政治局常務委員にも昇格することになった。

 習近平総書記(国家主席)の盟友とされる王氏の去就は開会中の党大会人事の最大の焦点だった。代表らに配…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文561文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです