メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日用品店

アーティストが古い市場に開業 “主夫目線”も

「八反橋フードセンター」内に日用品店を開いた(左から)小田桐奨さん、中嶋哲矢さん、敷浪一哉さん=中嶋真希撮影

 1971年に建てられた横浜市神奈川区の古い日用品市場「八反橋フードセンター」に、建築家とアーティスト3人がデザイン事務所を兼ねた日用品店を開いた。かつては精肉店や生花店でにぎわった市場も、現在は3店舗が営業するのみ。この建物に可能性を感じたという3人。アーティストが集めたセンスの光る商品が並ぶが、そこには幼い子供の育児に奔走する若い父親たちの“主夫目線”も反映されていた。【中嶋真希】

 横浜駅からバスで20分の住宅街に、かつて精肉店や鮮魚店、生花店など17軒の店が入居してにぎわっていた「八反橋フードセンター」がある。少しペンキがはがれた、名前が書かれた大きな看板が目印。空き店舗は倉庫として活用されているが、シャッターは下りたままだ。

この記事は有料記事です。

残り1944文字(全文2264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 特集ワイド れいわ・山本氏、強気姿勢から現実路線に? インディーズ魂のままで 結党1年余、リーダーの顔に

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです